鼻毛の乙事主(おっことぬし)

少し前から左の鼻の穴がムズムズとしていた。 いくら鼻とは言え、アナルはアナルだ。右手の親指と人差し指をやさしく入れ、その原因を探った。これだ、こいつに間違いない。一本の毛を掴むと、えい!と引っ張った。それでも毛は抜けない Continue Reading →

たかが喧嘩で時代を感じる

先日、小学校4年生になる甥が、学校で友達と喧嘩をしてしまったと言う。 誰かがイタズラをしたとか何とか、発端は子供によくあるくだらない話で、担任の女教師が「誰がやったの?」と子供たちに尋ねたところ、松田の子供が、何一つ関与 Continue Reading →

バスの運転手が変わりました

私が通い詰めている岩盤浴は、無料のバスを利用できる。 幾つかの乗車地が設けられており、運良くマンションから5分くらいの場所もその一つになっている。 時間を見つけては、週2~3回のペースで通っていたけれど、なかなか忙しい日 Continue Reading →

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。 今年も、よろしくお願いいたします。 一年の目標などを決めるタイプでも、座右の銘を持つタイプでもありませんが、 私は、この『ハチドリのひとしずく』の話を、いつも意識するようにしています。 Continue Reading →

私が選ぶ紅白歌合戦・審査員

「なんか今年の紅白、つまらなそう…」 毎年、そう言っている気がする。 別に、大して面白くする必要などないのかもしれないが、今年の顔がズラリと並ぶはずの年末最大のイベントが、これでは少し寂しい。皆が口ずさめるヒット曲が出な Continue Reading →

料理をしない人の荷物の送り方

私も料理をする方ではないので、あまりとやかく言えたものではないのだが、私の母親は料理を一切しない。 以前もブログに書いたように 「致しません、致しません、致しません。私、失敗しかしないので」と家事の一切を拒む。 そうやっ Continue Reading →

おかあさん悲しくなっちゃう

トントントントン、ザクザクザクザク。 義妹にあたるアサちゃんが手際良く野菜を切っている。我が家では夕飯にわりと大量の野菜を食べる。 父と母、弟とアサちゃん、そして3人の甥たちで合計7人家族の風間家。そこに帰省をした私が加 Continue Reading →

会いたくなくて会いたくなくて震える

会いたくて会いたくて震える~~~~♪ 西野カナが、不景気も高齢化社会も領土問題もカンケーネーとばかりに、ナメくさった歌詞で一世を風靡した頃、私の友達は雑誌の表紙を飾る彼女を見て「誰これ?AV女優?」と言った。 「違う」と Continue Reading →

始まって終わって続いてドルジ

とうとう。 いや、もう。 なんと表現したら良いのか分からないが、始まってしまったようだ。 先日、歯を磨こうとして洗面台の前に立ったものの、何を使って磨けば良いのか分からずに狼狽えた。 その間、たった5秒くらいだが、目の前 Continue Reading →